満塁ホームラン

ジャムの新高校野球ブログです!たまに母校鹿島学園野球部の観戦記なども書きます!

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-06-Tue-20:35

今夏の激戦区はここだ!本命不在神奈川編

続いては、かつては「神奈川制するものは全国を制する」とまで言われた最激戦区神奈川です!最近は甲子園で1回戦で姿を消すことも多く、今夏こそ強豪神奈川復活を目指します!

昨年は千葉と同じく全くの無風で中堅私立の横浜隼人が春夏通じて初出場!今夏もその流れが続くのか、それとも名門校の巻き返しか?名門対新鋭の戦いが今夏も激しさを極めそうです!

今年は特に本命不在とまで呼ばれるほど各高に大きな実力差がないのですが、その中であえて優勝にもっとも近い高校を選ぶとするなら、昨年の隼人同様悲願の夏甲子園を目指す新鋭私立の横浜創学館でしょう!春は決勝で桐光学園に敗れこそしたものの、続く関東大会では初の春4強!甲子園を狙える戦力が整い、夏もこの勢いを持続させられるか?

また、安定感でいうならば秋準Ⅴ、春8強の桐蔭学園が怖い。エース石垣君を中心に豊富な投手陣で昨夏決勝で敗れた雪辱を果たせるか?もちろん、春はその桐蔭、創学館を破って堂々優勝した桐光学園も春夏連続優勝ができる森君、久保田君の二枚看板が核の充実戦力を持ちます!

さらに、夏の呪縛から一昨年解かれた慶応は2年生の強打者谷田君がいる強力打線、逆に夏の呪縛がいまだ解けないドラ1候補一二三君がいる東海大相模は今年こそ壁突破なるか?

その他、春4強で第1シードの横浜商大高、春は一二三不在とはいえ東海大相模に土をつけた新鋭私立の橘学苑、公立の星川崎北、同じく好投手中野ジャスティン君率いる向上、中堅私立の日大高、光明相模原らも頂点を狙っています!

最後にやはり気になるのが、今年はノーシードからの挑戦となった名門横浜高校と昨夏代表の横浜隼人。横浜は、ここ最近歯車が噛み合っておらずなかなか上位にも顔を出せなくなったが、有望1年生なども多く入り夏に強いだけに今夏もやはり他校がもっとも警戒する存在になることは間違いありません!
また、横浜隼人も新チームは目立った成績は残せていないものの、夏の甲子園のマウンドを経験した今岡君を中心に連覇を狙える実力は十分にあります!

果たして、最激戦区神奈川の夏を制するのはどこか?
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。