満塁ホームラン

ジャムの新高校野球ブログです!たまに母校鹿島学園野球部の観戦記なども書きます!

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-27-Tue-19:17

第92回全国高校野球選手権茨城大会 水城が猛打で春夏通じて甲子園初切符!

こんばんは!今日は、茨城でいよいよ決勝戦が行われました!

 霞ケ浦 000 000 000 0
 水 城 310 042 01× 11
(霞)間中、倉田、伊藤、倉田
(水)大川
(本塁打)萩谷(水)

決勝は予想もしない展開になりました!水城は1回裏に昨日の水商戦を完封した霞ケ浦の2番手間中君の立ち上がりの悪さを攻め、ヒットで得点のチャンスを掴むと、1年生4番の萩谷君がなんとホームランで一挙3点先制!
これで勢いを得た水城打線は2回にも2番加部東君のタイムリーでさらに追加点!
一方の霞ケ浦は昨日は決められていたバントが再三決められず、逆に水城は昨日決められなかったバントをきっちり決め試合の主導権を握ります!
その後も5回に猛打で4点、6回にも2点を加え、止まらない水城打線。投げてもエース大川君が巧みなピッチングで霞ケ浦打線に的を絞らせず、とどめは8回の1点!
11-0の大差ゲームで水城が春夏通じて初の甲子園切符を、ノーシードから7試合勝ち上がって手にしました!
水城の皆さん、初優勝おめでとうございます!

個人的には橋本監督就任1年目の春に学園と戦って4-0でこちらが完封で勝った試合と、その夏1回戦で学園が波崎にコールド負けを喫した次の試合で国際土浦高校に0-2で完封負けした試合が今も脳裏をよぎります。
あれから2年。学園とは対照的に名将橋本監督の許、就任3年で甲子園に導いた手腕と選手たちの成長ぶりには驚いています!同じ水戸地区のライバルとして甲子園でも今日見せたような強打で勝ち上がってくれることを期待しています!
頑張れ!水城!

また、まさかの大敗を喫してしまった霞ケ浦ですが、粘り強く2年ぶり2回目の決勝まで進んできたのは立派だと思いました!またもや決勝で涙してしまいましたが、2年生もスタメンに多く先輩たちの悔しさを秋以降晴らしてくれることに期待しています!
頑張れ!霞ケ浦!
スポンサーサイト
2010-07-26-Mon-22:06

第92回全国高校野球選手権茨城県大会準決勝 水城、初の決勝進出!霞ケ浦は水商にコールドで2年ぶり決勝へ!

こんばんは!今日は、茨城で準決勝が行われました!自分もNHK茨城県域でばっちり観ましたよ(笑)

 波崎柳川 200 100 000 3
 水  城 310 202 10× 9
(柳)鈴木貴、肥後、安藤
(水)海老沢達、大川

第1試合は、初回からいきなり動きました!柳川は水城の先発海老沢達君の立ち上がりの悪さを攻め、強打で2点先制!しかし、その裏水城も柳川の今大会初先発の鈴木貴君の立ち上がりを攻め、強打ですぐさま逆転に成功!
その後は、水城のエース大川君のピッチングに柳川打線は抑えられ、一方の水城は柳川の2年生エース肥後君から谷部東君ら今日打者の活躍で追加点を奪っていき差を広げて行きます!
一時1点差にまで詰め寄った柳川ですが、肥後君、春までエースナンバーをつけていた3年生の安藤君も打ちこまれてしまいます。
9回に代打池田君らのヒットで最後の反撃をするも及ばず、投打に圧倒的実力をみせた水城がノーシードから初の決勝進出を決めました!


 水戸商 000 000  0
 霞ケ浦 011 053× 10
(水)武藤、滑川
(霞)間中
(本塁打)小田部(霞)

第2試合は、予想もしない展開に。王者常総を破り勢いに乗る水商ですが、この日は勝手が違いました。霞ケ浦のダブルエースの一人背番号10の長身投手間中君の完璧なピッチングの前に次々と強打の水商打線が3振していき、3回まではなんと9者連続凡退で1塁も踏むことができず。
逆に間中君のピッチングに勇気づけられたのか、ここまであまり当たっていなかった霞ケ浦打線が今日は爆発。2回に1点、3回にも強打で1点を奪い2-0。
4回、5回には水商にもようやくヒットが生まれ、満塁のチャンスも創りますが間中君のピッチングの前にあと一本が出ず。
そして、霞ケ浦は5回裏ついに猛打爆発。満塁走者一掃のタイムリーをが生まれ、この回一挙5点!試合の主導権を完全に握ると、6回には4番小田部君のホームランで3点を奪いゲームセット!王者を破った水商をなんと6回コールドで下し、2年ぶりの決勝進出を決めました!

これで、明日の決勝はなんとノーシード同士となりました!
水城が勝てば、春夏通じて初の甲子園、霞ケ浦が勝つと悲願の夏の甲子園初出場となります!
初の甲子園切符を掴むのは果たしてどちらか?
2010-07-24-Sat-21:28

第92回全国高校野球選手権茨城大会準々決勝 第1シード下妻二、第2シード桜ノ牧も消え、混戦に拍車!水城、柳川、水商、霞ヶ浦が波乱の主役狙う!

こんばんは!茨城では、今日は準々決勝が行われました!

水戸市民球場

水城6-1下妻二 波崎柳川8-6下妻一

ひたちなか市民球場

水戸商9-2水戸桜ノ牧 霞ケ浦5-2藤代

今日も波乱がありました!今大会優勝候補筆頭といわれていた第1シードの下妻二が水城に1-6で敗れ、まさかの敗退。
さらに昨夏準優勝、秋Ⅴ、春4強ともっとも安定感があった第2シードの桜ノ牧が前日に常総を破り勢いに乗っていた水商打線に打たれに打たれ、まさかのコールド負け。今年もまた悲願の甲子園出場を夢は叶いませんでした。

そんな中4強に残ったのは、前水戸商監督の橋本氏が今年でちょうど就任3年目となった水城、終盤に打線が火を噴く粘り強い波崎柳川、王者を倒し勢いに乗る古豪水戸商、そして2年前の雪辱に賭ける霞ケ浦の4校!
水戸地区が3校、県南地区が1校という水戸、県東勢が半分以上を占めるというかつてない展開になりました!
ここまできたら実力はほぼ互角。あとはより甲子園への想いが強く、最後まで諦めず戦ったチームに勝利の女神がほほ笑みそうです!

注目の準決勝は明日の休養日を挟んで、26日に水戸市民球場にて水城-波崎柳川(10時~)、水戸商-霞ケ浦(12時20分~)の2試合が行われます!
頂点目指して頑張れ!茨城球児!
2010-07-23-Fri-22:05

第92回全国高校野球選手権茨城大会4回戦 常総、5連覇の夢消える・・・ 下妻二、桜ノ牧、柳川、水商などが8強入り!

こんばんは!今日は、4回戦が県内各球場で行われました!

水戸市民球場

水戸商5-2常総学院 水城4-0石岡一

ひたちなか市民球場

水戸桜ノ牧3x-2キリスト(延長11回) 下妻二3-1日立工

県営球場

波崎柳川7-5下館一(延長11回) 下妻一8-5鉾田一

土浦市営球場

霞ケ浦2-0古河一 藤代9-5土浦湖北

4回戦屈指の好カード水戸商-常総学院は春とまったく同じスコアで、またしても水商に軍配!その結果、ノーシードから夏5連覇を狙った王者常総は4回戦で姿を消すことになりました。絶対王者が敗れたことにより、どこが甲子園に出てもおかしくない混戦に!

今日は、その他に春関東1勝の第3シード土浦湖北も5年前の県覇者藤代に、第6シード古河一も霞ヶ浦の長身エース倉田君の前に完封負けしておりこの夏の甲子園切符の行方が一層混とんとしたものになってきました!

そんな中決まった8強は以下の通り!

 下妻二(6年ぶり2回目) 今大会の第1シード。常総が消えた今、このまま一気に優勝まで突っ走れるか?

 水城(春夏通じて初出場) ノーシードながら元水戸商を率いて何度も甲子園に導いた橋本実氏就任で近年高い総合力を持つ。強力土浦日大打線をも完封したエース大川君の活躍で、初の甲子園に手が届くか?

 下妻一(春夏通じて初出場) 今大会屈指のダークホース。同市内の二高が甲子園出場を果たし、負けてなるものかの精神で近年着実に実力が上がっている。今大会も粘り強く戦い抜いてきており、同校初の甲子園出場にも期待大だ。

 波崎柳川(春夏通じて初出場) 5年前の準優勝以来低迷が続いていたが、昨秋は準優勝。春は初戦で足をすくわれたものの、悲願の甲子園出場に向けチーム力があがってきた。不調のエース安藤君に代わり、2年生の肥後君が好投をみせているのも心強く、粘り強い戦いぶりで今夏こそ甲子園に手が届くか?

 水戸桜ノ牧(春夏通じて初出場) 昨夏準優勝、秋優勝、春4強と県内ではもっとも安定して好成績を残している。昨夏から好投の吉久保君、上遠野君のダブルエースで今年こそ悲願の甲子園出場を手繰り寄せることができるか?

 水戸商(10年ぶり11回目) 春、夏ともに王者常総を倒し、今もっとも波に乗るチーム。常総に阻まれ続けたこの10年の悔しさを今年こそ晴らせるか?

 藤代(5年ぶり2回目) 4回戦では同地区の難敵土浦湖北を撃破。注目捕手の高宮君を中心に、5年ぶり頂点を狙える充実戦力だ。

 霞ケ浦(夏初出場) 長身エース倉田君が大車輪の活躍を見せており、悲願の夏甲子園初出場に期待が懸る。春には常総も倒していることからも、ノーシードながら実力は県内トップレベルだ。

そして、注目の準々決勝は明日水戸市民、ひたちなか両球場で行われます!混戦の中、4強に進むのはどのチームか?
2010-07-21-Wed-18:53

第92回全国高校野球選手権3回戦 常総、下妻二、桜ノ牧、霞ヶ浦など16強決まる!

続いては、3回戦の全結果です!今日で、16強が出揃いました!

3回戦 下妻二9-0清真学園
    日立工7-3日立北
    水城3-0土浦日大
    石岡一3-2波崎
    下妻一2-1竜ヶ崎一
    鉾田一6-0水海道二
    波崎柳川12-3水戸一
    下館一9-7明秀日立
    水戸桜ノ牧6-2鹿島学園
    キリスト4-0八千代
    水戸商11-0鹿島
    常総学院8-2伊奈
    土浦湖北6-1つくば国際
    藤代6-1土浦一
    古河一6-4佐和
    霞ヶ浦6-2緑岡

第1シード下妻二は清真に圧勝コールド、第2シード桜ノ牧もお伝えした通り母校に苦しみながらも快勝、第3シード土浦湖北はつくば国際に快勝、第5シード柳川は水戸一に一時同点に追いつかれるも終盤に地力を発揮し大量得点で快勝、第6シード古河一も佐和に競り勝ち、第7シード水戸商は鹿島にリベンジを許さず逆に地力の差を見せつけコールド勝ち。
一方、ノーシードの有力候補では王者常総が伊奈に先制されるもすぐさま同点、その後苦しみますが8回に打線が爆発し一挙6点で快勝、水城はエース大川君が土浦日大強力打線を完封、古豪鉾田一は今大会好調の2年生エース安達君がまた完封勝利、5年前の県覇者藤代も快勝で16強入りです!

こうして16強の顔ぶれをみていると、私立が常総、水城、霞ヶ浦、キリストの4校のみで他はすべてオール県立です!特に一高勢の活躍が目覚ましく、石岡一、下妻一、鉾田一、下館一、古河一と5校も残っています!
そして、4回戦の組み合わせと使用球場は以下の通り。

23日 4回戦

ひたちなか市民球場 下妻二-日立工 水戸桜ノ牧-キリスト

水戸市民球場 水城-石岡一 水戸商-常総学院

県営球場 下妻一-鉾田一 波崎柳川-下館一

土浦市営球場 土浦湖北-藤代 古河一-霞ヶ浦

特に優勝の行方を占う常総-水商の名門対決は屈指の好カード!春は水商に軍配があがりましたが、今回は果たして?
2010-07-21-Wed-15:46

鹿島学園、桜ノ牧に敗れ3回戦敗退!9回猛追見事!

こんにちは!先程球場から帰ってきました。では、今日の観戦リポートを忘れないうちに早速書きます。

 鹿島学園  000 000 101 2
 水戸桜ノ牧 000 020 310 6
(鹿)田代-坂本
(桜)上遠野、吉久保-磯部

本日のスタメン
7 坂本  巧① 15 麻川 大輔② 8 石井 広隆③ 5 辻本 征爾① 2 坂本 弦太② 1 田代 剣祐③ 6 金子 大樹② 4 平田 研介③ 3 内村 竜馬③

スタメンは1回戦と同じで学園の先発がエース左腕の田代君、桜ノ牧は背番号10の上遠野君でした!
試合は序盤はロースコアの接戦でどちらかとうと学園にチャンスが多く、5回まで毎回得点圏まで塁を進めていましたが、あと一本が出ず。すると、5回に桜ノ牧が逆にチャンスに連打が生まれ一挙2点を先制されてしまいます。
しかし、学園もその時点でヒット数では上回っており負けてはいません!7回に1番坂本巧君、2番麻川君の連打でチャンスをつかむと、そこで桜ノ牧は背番号1の吉久保君に継投。その吉久保君から3番石井君がヒットを放ち、ついに1点を返します!
これで勝負は分からなくないましたが、その直後の7回裏にまたしても桜ノ牧は満塁のチャンスに連打が生まれ今度は3点を奪われ、差を4点差にまで広げられてしまいます。
さらに8回裏にももう1点追加で1-6。絶体絶命の9回表でしたが、死球と四球の二つで2死満塁のチャンス!そして、1年生4番の辻本君も四球を選び、押し出しで1点を返します!
これで勢いづいた学園でしたが、続く5番の2年生捕手坂本弦太君が惜しくも空振り三振でゲームセット。
学園ナインの夏が終わりました。

しかし、第2シードを最後まで追い詰める戦いぶりは見事でした!3年生の皆さん、3年間お疲れ様でした!感動をありがとう!
今年もまた夢はかないませんでしたが、その夢は後輩たちに受け継がれていくことでしょう!また、新たな舞台で頑張って下さい!

そして、夢敗れた3年生の夢を引き継ぐ1、2年生の皆さん。今日の日の悔しさを忘れず、また新チームで先輩達の悔しさを晴らせるように頑張って下さい!
2010-07-18-Sun-19:57

第92回全国高校野球選手権沖縄大会 選抜Ⅴ興南が圧倒的打力で甲子園一番乗り!

続いては、本日行われた夏の沖縄大会の結果です!

 糸満 000 001 000 1
 興南 001 000 80× 9
(糸)宮國
(興)島袋
(本塁打)島袋(糸)、我如古(興)

甲子園一番切符を巡った対決は終盤に大きなドラマが!選抜優勝投手の興南高校島袋君とこちらもプロ注目の糸満高校エース宮國君の両先発で始まった試合はまず3回に興南が先制!しかし、春夏通じて初の甲子園を目指す糸満高校も負けてはおらず糸満の島袋君がホームランで同点打を叩きだします!
しかし、このまま両エースの投手戦が続くかと思われた7回に大きなドラマが待っていました!選抜でも強力打線をみせつけた興南の強打がここで爆発!選抜でも最多安打タイを放った好打者我如古君の「満塁ホームラン」などで一挙8点を奪い、勝負を一気に決めました!
結局、糸満はその8点のあまりの重さになすすべなく、投げてはエース島袋君が10奪三振の好投で興南高校を昨春から数えて4季連続の甲子園に導きました!
夏は2年連続9回目の甲子園を決めた興南高校の皆さん、おめでとうございます!
2010-07-18-Sun-19:41

第92回全国高校野球選手権茨城大会2回戦 霞ヶ浦、水短に完封発進!

こんばんは!今日も茨城では2回戦が行われました!

ひたちなか市民球場

佐和5-1つくば工科 土浦一6-2水戸工

県営球場

緑岡6-2笠間 古河一5-0牛久

水戸市民球場

藤代8-4水戸葵陵 土浦湖北6-0那珂

土浦市営球場

霞ケ浦4-0水戸短大付 つくば国際5-1藤代紫水

第3シード土浦湖北は金子君、渡辺君の継投で完封発進!第7シード古河一もエース塚原獎君の完封!霞ケ浦も水短に注目のエース倉田君の完封で初戦突破しました!

また、つくば国際は初の夏2勝を挙げ、水戸葵陵-藤代の好カードは5年前の覇者藤代に軍配。昨夏4強の水戸葵陵は今夏は2回戦で姿を消しました。

そして、2回戦全日程が終了したところで21日の3回戦の試合会場も決定!注目の水戸桜ノ牧-鹿島学園の一戦は水戸市民球場の第1試合10:00~で、第2試合は王者常総学院-伊奈の対戦に決まりました!
2010-07-17-Sat-19:10

第92回全国高校野球選手権茨城県大会2回戦 鹿島学園、江戸川学園にコールドで8年越しリベンジ!次はいよいよ山場の桜ノ牧戦!

こんばんは!今日も茨城では2回戦が行われました!

ひたちなか市民球場

波崎柳川7-0牛久栄進 鹿島7-3三和

県営球場

伊奈5-2下館工 水戸一4x-3明野

笠間市民球場

八千代11-8玉造工(延長14回) 下館一11-8岩井

水戸市民球場

水戸商2-0守谷 水戸桜ノ牧7-0科技日立

土浦市営球場

常総学院7-0岩瀬日大

 江戸川学園 000 01 1
 鹿島学園  022 25 11
(江)平野
(鹿)渡部-坂本

日立市民球場

キリスト12-6取手一 明秀日立2-1日立商

今日は残念ながら球場には行けませんでしたが、試合のほうはなんと11-1の5回コールド大勝してくれました!
今日は2年生の渡部君の先発完投勝利だったようで、投手層の厚さも見せられたようですね。8年越しのリベンジを後輩たちが果たしてくれて嬉しいです!
さあ、次はいよいよ山場の3回戦、第2シード水戸桜ノ牧戦!相手は優勝候補ですが、臆せず普段通りの野球ができれば勝てない相手ではないはず!
頑張れ!学園野球部!

さて、その第2シード水戸桜ノ牧は科技日立に7-0とコールド発進!昨秋地区予選で対戦した第5シード波崎柳川もコールド発進し(しかも投手はエース安藤君ではなく、控えの肥後君の完封と投手層の厚さも見せる)、王者常総も2試合連続コールド勝ち。

熱戦となったのが、八千代-玉造工で延長までもつれこむ乱打戦を制したのは八千代!その他、鹿島が一時リードされる苦しい展開も最後には地力をみせて逆転勝ち、水戸一も明野との古豪対決で苦しみながらも最後はサヨナラ勝ち。10年ぶり復活を目指す水戸商はエース武藤君の完封で3回戦へ駒を進めました!
2010-07-16-Fri-20:06

第92回全国高校野球選手権茨城大会2回戦 取手二、つくば秀英のシード勢が初戦で敗れる波乱!

こんばんは!今日は、茨城では2回戦が行われました!

ひたちなか市民球場

鉾田一9-1常磐大高 日立工11-1江戸崎総合

県営球場

日立北8-7総和工(延長11回) 下妻一10-0東海

笠間市民球場

水海道二8-1土浦工 土浦日大13-3つくば秀英

水戸市民球場

下妻二3-0太田一 波崎6-1磯原郷英

土浦市営球場

竜ケ崎一7-3取手二 石岡一5-3東洋大牛久

日立市民球場

水城10-3日立一 清真学園8-3勝田

今日は波乱の1日でした!まず、プロ注目のエース塚原君擁する第8シードのつくば秀英が古豪の土浦日大の強力打線につかまり、終わってみれば3-13という大敗。塚原君も意地をみせて8回にホームランを放つも及ばず、注目校がまさかの大敗での初戦敗退でした。
さらにこれだけは終らず、84年夏全国制覇の古豪で今春ベスト4入りを果たし第4シードで挑んだ取手二もまた同じく古豪の竜ヶ崎一に3-7と主導権を握れないまま、初戦で姿を消しました。

さらにノーシード同士の好カードと目されてた鉾田一-常磐大高は巨人東野峻選手の母校鉾田一高が初回に5点を先制し主導権を握り、終わってみれば9-1の7回コールド圧勝!投げては2試合連続2年生エース安達君の完投勝利でした!
また、近年上位に姿を見せていた私立強豪の東洋大牛久も伏兵石岡一に敗退。ちなみに石岡一の監督は波崎柳川を05夏に準優勝に導いた川井監督です!

その他、第1シードの下妻二はエース小島君の好投で3-0の完封発進!水城は日立一に序盤は勝ち越されるなど苦しい展開も、あっさり逆転し結果的には10-3の7回コールド勝ち!日立北は0-7の劣勢をはねかえし、8-7の大逆転勝利を収めました!
2010-07-13-Tue-18:49

第92回全国高校野球選手権茨城大会1回戦 水戸葵陵、鈴木塁が1試合3本塁打!

こんばんは!今日も茨城では1回戦が行われました!

ひたちなか市民球場 

伊奈4-3勝田工 牛久9-5大子清流

県営球場

水戸葵陵13-0筑波 緑岡5-3水戸農

笠間市民球場

笠間10-0真壁 岩瀬日大7-4友部

水戸市民球場

水戸工7-0小瀬 水戸短大付7-0土浦二

土浦市営球場

つくば国際7-0東風 土浦一7-0茨城東

日立市民球場

那珂3-2茨城高専 佐和10-3高萩

水戸葵陵は鈴木塁君がなんと1試合3本塁打も打ったそうで、チームも筑波に13-0と快勝しました!
好カード緑岡-水戸農は5-3で緑岡に軍配!もう一つの好カード土浦二-水戸短大付は0-0で迎えた6回に水短打線が爆発し一挙6点!好ゲームが一転し、結果的に水短が7-0のコールドで土浦二を下しました!

その他、春は葵陵を破った古豪の水戸工、春の水戸市内大会で水戸商に土をつけたダークホース笠間もコールドで初戦を突破しました!
これにて、1回戦は全日程を終了!
16日からはいよいよシード校が満を持して登場する2回戦が始まります!
2010-07-12-Mon-18:18

第92回全国高校野球選手権茨城大会1回戦 王者常総、圧勝コールド発進!

続いては、その他の試合結果&土浦の第2試合常総学院-水海道一のレポートです!

ひたちなか市民球場

科技日立3-2土浦三 日立商4x-3岩瀬(延長10回)

県営球場

八千代1-0結城一 岩井8-1海洋

笠間市民球場

守谷3-2中央 玉造工1-0古河三

水戸市民球場

鹿島7-0水戸平成学園 明野6-0神栖

日立市民球場

キリスト6-1高萩清松 明秀日立10-0佐竹

土浦市営球場

鹿島学園8-3取手松陽

 常総学院 431 002 10
 水海道一 000 000 0
(常)酒井、斎藤
(水)秋山、新谷、藤田、仲田
(本塁打)大野(常)

今年はノーシードから登場した王者常総ですが、初回から各打者が芯に当たる鋭い打撃で一挙4点を先制します!その初回攻撃には今年の4番の左中間を突き刺す特大のホームランもありました!また、守るほうでも先発の酒井君の力投で水海道一打線に付け入る隙を与えません!結局終ってみれば、10-0の6回コールド圧勝発進!大会5連覇に向け、上々の滑り出しを見せました!

その他、1回戦屈指の好カード科技日立対土浦三は県北ナンバーワンの噂名高い科技日立に軍配!明秀日立、明野、鹿島、玉造工なども初戦を突破しました!
2010-07-12-Mon-17:07

鹿島学園、終盤にビッグイニングで突き放し取手松陽を撃破!3年ぶり初戦突破!

こんにちは!つい先程土浦から帰宅しました(笑)では、忘れてしまわないうちに早速今日の観戦レポートを書きます!
まずは、イニングスコアと本日のスタメンをどうぞ。

 取手松陽 100 010 100 3
 鹿島学園 011 100 50× 8
(松)小山、沼崎
(鹿)田代-坂本

本日のスタメン
7 坂本  巧① 15 麻川 大輔②→渡辺 友也③ 8 石井 広隆③ 5 辻本 征爾① 2 坂本 弦太② 1 田代 剣祐③ 6 金子 大樹② 4 平田 研介③ 3 内村 竜馬③

注目はおそらく学園野球部史上初?の1年生新4番の辻本君!体つきがよく1年生とは思えぬほどどっしりしていて、今はまだ少し荒削りも将来性が感じられるバッターでした!

さて、試合のほうはまずエラーで1回に松陽高校に先制されてしまいます。しかし、2回には金子君の左中間の3塁打で同点、その後も3回、4回と1点ずつ加え徐々に突き放していくかに思われましたが松陽高校の粘り強い反撃にあい5回に1点、7回にはついに同点に追いつかれしまいます!
そして、迎えた7回でした!内村君の3塁打や相手エラーなども絡み、この回一挙5点を入れるビッグイニングを作ることに成功!
その7回のビッグイニングでとった5点を最後までマウンドのエース田代君が守り切り、嬉しい3年ぶりの初戦突破を決めました!
エラーなども多少なりともありけして良い内容ではなかったかもしれませんが、そこは夏の初戦の固さや強風の影響などもあったので何よりイニングスコア以上に苦しかったこの試合を全員野球で勝てたことは大きいと思いました!
これで夏は16強以来の初戦突破で、今の3年生も知らない世代ですがあの時の先輩たちのように何かやってくれるような予感を感じましたね!

そして、次の相手は奇しくも自分が在学時の2002年夏に初戦で敗れた江戸川学園取手と17日今日と同じ土浦市営球場で10:00~激突します!8年越しのリベンジは頼もしい後輩たちがきっと果たしてくれることでしょう!
2回戦も頑張れ!学園野球部!
2010-07-11-Sun-21:10

茨城県大会、1回戦 清真学園が鉾田二との近隣対決制する!

こんばんは!今日は、県内の各球場で1回戦が行われました!

ひたちなか市民球場

 鉾田二   000 001 000 1
 清真学園  000 100 01× 2
(鉾)小松崎誠、亀田
(清)小沼

水城7-0常陸大宮 鉾田一9-0麻生

県営球場

日立北11-0竜ケ崎南 磯原郷英3-1境


笠間市民球場

牛久栄進10-9鬼怒商 石岡一10-6総和

水戸市民球場

東洋大牛久11-0大洗 竜ケ崎一10-3茨城 下妻一11-0潮来

土浦市営球場

土浦日大4-2石下紫峰 土浦工6-4石岡商

日立市民球場

日立工5-4那珂湊一 常磐大高12-1多賀

近隣校同士の対戦となった注目の一戦は熱戦の末、清真学園が2-1で鉾田二を下し2回戦へ駒を進めました!
また、巨人の東野峻選手の母校鉾田一高はこちらも近隣校の麻生を9-0で下し、初戦突破!
ノーシードから登場した水城、土浦日大、東洋大牛久、常磐大高らの私学強豪は順当に2回戦へ!
また、竜ヶ崎一、日立工の古豪も初戦を突破し、県立校再編で夏の大会初参加の磯原郷英も同校名で初勝利を挙げました!

そして、明日はいよいよ土浦市営球場で鹿島学園が初戦の取手松楊戦に挑みます!3年ぶり初戦突破を目指して頑張れ!学園野球部!
2010-07-10-Sat-20:03

鹿島学園2010夏メンバー表(毎日新聞改訂版)

続いては毎日新聞版の鹿島学園野球部のメンバー表です!下記はご覧になればお分かりかと思いますが、茨城新聞版とは大分メンバー構成が変わっています。

1 田代 剣祐 ③
2 坂本 弦太 ②
3 下村 弦也 ②
4 平田 研介 ③
5 辻本 征爾 ①
6 金子 大樹 ②
7 坂本  巧 ①
8 石井 広隆 ③
9 内村 竜馬 ③
10 浅野 太我 ③
11 渡部  歩 ②
12 安藤 勇貴 ②
13☆夏田 智広 ③
14 中村 周平 ②
15 清水 賢也 ①
16 荻原  駿 ①
17 藤井 涼太 ③
18 渡辺 友也 ③
19 久保田晃次 ③
20 村木  翔 ③

注目は1年生が1ケタ台ナンバーで二人、控えでも二人と全体でなんと4人も入れてきたところです!よほど期待されている1年生なんでしょうか?ともあれこれで3年生の何人かはメンバーを外れることが分かりましたので、その代わりに入った1年生たちには3年生の最後の夏の想いも背負って頑張ってもらいたいですね!
決戦はいよいよ明後日10時から取手松陽と!
頑張れ!学園野球部!
2010-07-10-Sat-19:44

茨城県大会、開幕!開幕試合は太田一が21-0の大勝発進!

こんばんは!今日はいよいよ茨城でも甲子園を賭けた103校の熱き熱戦の火ぶたが切って落とされました! 

 太田一 1622 01 21
常 北 000 00 0
(太)中村、川上、永田-井坂、青木
(常)加藤、所-豊田

開幕ゲームは昨夏8強の太田一高校と部員12名で夏に挑む常北高校の対戦でしたが、太田一高が初回になんと16点も先制するなどして終始常北高校を大量リードし、結果21-0の大勝発進でした!
勝利した太田一高は16日の2回戦で第1シード下妻二と激突!昨夏は王者常総を最後まで苦しめた同校だけにこの勢いで優勝候補筆頭をも食えるか?

一方、部員12名でこの夏に挑んだ常北高校は健闘むなしく5回コールド大敗で今夏の茨城でもっとも短い夏を終えました。毎年部員不足で夏出場すら危うい同校ですが、それでも夏までには部員を集め参加に漕ぎつける同校。昨夏開幕試合で涙した波崎柳川が新チームでは秋準Ⅴにまで上り詰めたように、まずは悲願の夏1勝を目指して一からまた頑張って欲しいです!
頑張れ!常北高校!
2010-07-06-Tue-20:35

今夏の激戦区はここだ!本命不在神奈川編

続いては、かつては「神奈川制するものは全国を制する」とまで言われた最激戦区神奈川です!最近は甲子園で1回戦で姿を消すことも多く、今夏こそ強豪神奈川復活を目指します!

昨年は千葉と同じく全くの無風で中堅私立の横浜隼人が春夏通じて初出場!今夏もその流れが続くのか、それとも名門校の巻き返しか?名門対新鋭の戦いが今夏も激しさを極めそうです!

今年は特に本命不在とまで呼ばれるほど各高に大きな実力差がないのですが、その中であえて優勝にもっとも近い高校を選ぶとするなら、昨年の隼人同様悲願の夏甲子園を目指す新鋭私立の横浜創学館でしょう!春は決勝で桐光学園に敗れこそしたものの、続く関東大会では初の春4強!甲子園を狙える戦力が整い、夏もこの勢いを持続させられるか?

また、安定感でいうならば秋準Ⅴ、春8強の桐蔭学園が怖い。エース石垣君を中心に豊富な投手陣で昨夏決勝で敗れた雪辱を果たせるか?もちろん、春はその桐蔭、創学館を破って堂々優勝した桐光学園も春夏連続優勝ができる森君、久保田君の二枚看板が核の充実戦力を持ちます!

さらに、夏の呪縛から一昨年解かれた慶応は2年生の強打者谷田君がいる強力打線、逆に夏の呪縛がいまだ解けないドラ1候補一二三君がいる東海大相模は今年こそ壁突破なるか?

その他、春4強で第1シードの横浜商大高、春は一二三不在とはいえ東海大相模に土をつけた新鋭私立の橘学苑、公立の星川崎北、同じく好投手中野ジャスティン君率いる向上、中堅私立の日大高、光明相模原らも頂点を狙っています!

最後にやはり気になるのが、今年はノーシードからの挑戦となった名門横浜高校と昨夏代表の横浜隼人。横浜は、ここ最近歯車が噛み合っておらずなかなか上位にも顔を出せなくなったが、有望1年生なども多く入り夏に強いだけに今夏もやはり他校がもっとも警戒する存在になることは間違いありません!
また、横浜隼人も新チームは目立った成績は残せていないものの、夏の甲子園のマウンドを経験した今岡君を中心に連覇を狙える実力は十分にあります!

果たして、最激戦区神奈川の夏を制するのはどこか?
2010-07-06-Tue-19:56

今夏の激戦区はここだ!戦国千葉編

こんばんは!茨城の高校野球と母校の試合観戦記だけではこのブログが持ちそうにないので、今日から夏の高校野球激戦区特集をやりたいと思います!
初回は毎年どこが甲子園に出るか予測不能の激戦区でお隣の千葉県です!
昨年もノーシードから無名公立の八千代東が出場したように、今年もどこが飛び出してもおかしくない混戦模様!

その中でも今年もっとも優勝に近いと言われているのが、夏全国制覇2回を経験する名門習志野高校!プロ注目の強肩捕手山下君を中心に春優勝、関東大会でも選抜準Ⅴの日大三を破っての準優勝と現在のところ優勝にもっとも近い戦力を持っています!

しかし、本命が夏も制することが少ない戦国千葉ですからその他にもすきあらば優勝を狙えるチームが数多く存在することが面白いところ!

春準Ⅴの夏全国制覇1回の名門銚子商はエース加瀬君を中心に5年ぶり頂点を狙える戦力が整い、同べスト4の浦安は春はエース会沢君が粘り強い投球で同地区の強豪東海大浦安、一昨年夏の覇者木更津総合など強豪を破ったこの夏一番のダークホース候補、同じく4強に入った千葉黎明は強力打線が売り!
秋優勝の千葉商大付は、昨年優勝の立役者平部君が安定しており、秋準Ⅴで選抜出場の東海大望洋は春は思わぬ大敗を喫し夏はノーシードからの挑戦もこのままでは終わらないはずで、その望洋にコールド勝ちした専大松戸は前常総学院監督の持丸執一氏が率いてチーム力が近年急上昇中!
さらに2年生主体の木更津総合、最近は隔年定期で甲子園に出ている新鋭千葉経大付、前PL学園の松田監督が就任して以降徐々に力をつけてきている流通経大柏と3年前は全くの無風で復活出場を遂げた市船橋のサッカー強豪コンビも波に乗れば面白い存在となりそうです!

また、夏に強い拓大紅陵、沼南、昨春覇者の千葉明徳、番狂わせを起こす力がある中堅私立の千葉敬愛、西武台千葉、敬愛学園のトリオ、虎視眈々と激戦区千葉の夏連覇を狙う八千代東、名門復活を目指す成田、市柏、柏陵などもすきあらば頂点を狙える力を秘めています!

毎年波乱の夏となることが多い戦国千葉の琴師の主役に躍り出るのはどこか?勿論上記に挙げた高校以外にも有力校は多く、第二の八千代東が現われる可能性も十分有り得ます!
2010-07-03-Sat-19:11

鹿島学園野球部2010夏登録メンバー

こんばんは!今日は地元紙「茨城新聞」で毎年恒例の夏大登録メンバーが発表されていたので、ここに紹介します!

1 田代 剣佑③ 旭陵 
2 坂本 弦太② 蒔田 
3 下村 弦也② 志村三
4 平田 研介③ 高島二
5 野口 翔平② 猿島
6 鈴木 悠太③ 東
7 石井 広隆③ 春日野
8 渡辺 友也③ 小岩五
9 内村 竜馬③ 岡津
10 渡部  歩② 神田
11 浅野 太我③ 六津川
12 安藤 勇貴② 山城
13☆夏田 智広③ 荒川五
14 中村 周平②吉川中央
15 川口 拓斗③ 佐原五
16 金子 大樹③ 浜岳
17 藤井 涼太③ 小岩五
18 村木  翔③ 泉が丘
19 久保田晃次③ 浜須賀
20 林  翔太③ 浮間

☆=主将

尚、このメンバーは6月23日の登録時のもので大会前に変更される場合もあります。 というか、毎年本番になるとメンバーが一部変更されていますが(笑)
当初応援掲示板の情報などで今年は1、2年生中心のメンバーで挑むのではないか?との声が多くあったので、少し心配していましたが少なくとも登録時点では3年生が一桁ナンバーでも6人、全体でも14人と非常に3年生中心のメンバー構成だったので安心しました!やはり、夏は3年生の想いが一番強いですからね!
特に今の3年生は2年連続初戦敗退といまだ夏の勝利がなく悔しい想いをしているので、最後の夏に夏田キャプテンを中心に、左腕エース田代君、控えピッチャーの村木君、浅野君、打でも秋は下位ながら当たっていた平田君、思い切りのいいスイングが持ち味の内村君、同じく強打者の石井君らでビッグイニングを作りチームをまずは3年ぶりの初戦突破に導いて欲しいです!
勿論、2年生にも有望な選手が多く特に2年生ながら正捕手&4番を務める坂本君には攻守に渡って期待大です!春はエースナンバーも背負った未来のエース渡部歩君の投球も楽しみ!今年は投手層も分厚く、打線もつながれば畳みかける強打があるので苦手の初戦さえいい形で突破できれば3年前の16強をも超える上位進出が期待できそうです!

頑張れ!学園野球部!

2010-07-01-Thu-20:54

第92回全国高校野球選手権茨城県大会、組み合わせ

こんばんは!久々のFC2復帰です!というのも、アメブロでやっていた「ジャムのきまぐれ日記」がこの大事な時期にログインできなくなってしまったので急遽こちらに新ブログを開設致しました(笑)

ということで、第1弾は今月10日から開幕する第92回全国高校野球選手権茨城県大会の組み合わせを一挙紹介します!

2回戦 ①下妻二-1
    2-勝田
    江戸崎総合-3
    4-総和工
    ⑧つくば秀英-5
    6-日立一
    7-波崎
    ④取手二-8
    9-東海
    10-水海道二
    ⑤波崎柳川-11
    12-水戸一
    13-下館一
    ②水戸桜ノ牧-14
    15-江戸川学園
    16-取手一
    ⑦水戸商-17
    18-三和
    19-下館工
    ③土浦湖北-20
    21-藤代紫水
    22-藤代
    ⑥古河一-23
    24-つくば工科
    25-霞ヶ浦

1回戦 常北-太田一(開幕試合) 1
    清真学園-鉾田二 2
    日立工-那珂湊一 3
    竜ヶ崎南-日立北 4
    石下紫峰-土浦日大 5
    常陸大宮-水城 6
    総和-石岡一
    大洗-東洋大牛久
    磯原郷英-境 7
    竜ヶ崎一-茨城 8
    潮来-下妻一 9
    多賀-常磐大高 
    鉾田一-麻生
    土浦工-石岡商 10
    牛久栄進-鬼怒商 11
    神栖-明野 12
    岩瀬-日立商
    佐竹-明秀日立
    海洋-岩井 13
    科技日立-土浦三 14
    鹿島学園-取手松陽 15
    八千代-結城一
    玉造工-古河三
    キリスト-高萩清松 16
    中央-守谷 17
    鹿島-水戸平成学園 18
    常総学院-水海道一
    友部-岩瀬日大
    伊奈-勝田工 19
    茨城高専-那珂 20
    つくば国際-東風 21
    茨城東-土浦一
    水戸工-小瀬 
    筑波-水戸葵陵 22
    牛久-大子清流 23
    高萩-佐和 24
    笠間-真壁
    緑岡-水戸農
    土浦二-水戸短大付 25
    
優勝争いは例年になく混戦模様です!今年は5連覇を目指す常総学院がノーシードからの挑戦で、その中で優勝にもっとも近いのが春優勝の第1シード下妻二高!6年ぶり2回目の甲子園出場に向け、昨春選抜で好投した坂入優樹君、打では小林友也主将など投打ともに戦力が充実しています!
さらに追うシード校にも大きな差はなく、上遠野秀隆君、吉久保論志君の2枚看板の第2シード水戸桜ノ牧、関東大会1勝投手の金子孝信君率いて初の夏の甲子園を狙う土浦湖北、84年全国制覇以来の夏を狙う古豪の取手二、
好右腕安藤竜也君を中心にして初の甲子園を目指す波崎柳川、春は常総にも競り勝ち自信をつけた右横手の武藤優太君がいる水戸商、エース4番でプロも注目する塚原頌平君率いるつくば秀英などがいます!

また、今年は秀英以外の強豪私立がすべてノーシードに周り、特に夏の水戸ジュニア大会と水戸市内大会を制した好左腕大川将史君率いる水城、好打者本吉真太郎君ら強力打線で練習試合では宮城の強豪仙台育英にも土をつけた土浦日大、昨夏ベスト4で右横手の宇野拓実君、左の仁平光星君の2枚看板の水戸葵陵、好右腕倉田泰明君率いる霞ヶ浦、5年前の代表校で捕手の高宮和彦君が注目の藤代、そして言うまでもなくノーシードからでも十分5連覇に手が届く王者常総学院は昨夏から経験のあるエース長谷川悟君らを中心に虎視眈々と頂点を狙っています!

最激戦区はつくば秀英ブロックでノーシードに前述した土浦日大、水城の他に近年夏の上位に顔を出す強豪私立の東洋大牛久が入り混戦必至!
さらに古河一ブロックも強打の緑岡対伝統の水戸農、春は霞ヶ浦も下した土浦二と水戸短大付が初戦でぶつかるなど好カード目白押し!このブロックには他に牛久、霞ヶ浦といった上位を狙えるチームも入り混戦は必至だ!
その他、1回戦屈指の好カードとしては多賀-常磐大高、科技日立-土浦三、玉造工-古河三なども注目!

最後に母校鹿島学園は今年は秋地区予選では波崎柳川安藤君と互角に投げ合った3年生投手の田代剣佑君に加え、春にエースナンバーをつけた2年生の渡辺歩(漢字合ってるかな?)君が台頭し、打線は2年生4番坂本弦太君を中心に一気に畳みかける強打が光ります!
まずは3年ぶり初戦突破を目指して、取手松陽と対戦!ブロックには第2シードの水戸桜ノ牧がいて、3回戦まで進めば対戦する可能性もあります!
頑張れ!学園野球部!

そして、頑張れ!茨城球児!
 
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。