満塁ホームラン

ジャムの新高校野球ブログです!たまに母校鹿島学園野球部の観戦記なども書きます!

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-08-Sun-20:30

第94回全国高校野球選手権予想校と応援校の試合日程及び結果一覧



こんばんは!こちらのブログは2年ぶりの投稿ですが、今年のフルカウントで予想しているゲームの代表予想校と毎年応援している母校鹿島学園を加えた全50校の試合日程及び結果をここに随時更新することにしました!
果たして今年はこの中で何校が甲子園出場を果たすことになるでしょうか?過去最高の17校以上的中は最低でも目指して頑張ります!そして、頑張れ!予想校!そして、頑張れ!鹿島学園野球部!

  北北海道 旭川実 旭川支部予選1回戦 1-0留萌千望 2回戦 6-2旭川大高 代表決定戦 3-x4 富良野(延長10回)
  南北海道 北照  小樽支部予選2回戦 12-0具知安 代表決定戦 10-0具知安農 
  青森 光星学院 2回戦 三沢-青森東平内の勝者 7月13日
  宮城 仙台育英 2回戦 東北学院 7月10日
  岩手 花巻東 1回戦 宮古水産 7月10日
  秋田 秋田商 2回戦 矢島-仁賀保の勝者 7月15日 
  山形 日大山形 2回戦 置賜農-鶴岡南の勝者 7月16日
  福島 聖光学院 1回戦 東日本国際大昌平 7月15日
  茨城 常総学院 2回戦 大子清流-佐竹の勝者 7月16日
  栃木 作新学院 1回戦 黒磯南 7月17日
  群馬 健大高崎 1回戦 吉井 7月8日
  埼玉 浦和学院 1回戦 小鹿野 7月12日
  千葉 習志野  2回戦 浦安-東京学館の勝者 7月14日
  東東京 帝京  3回戦 (修徳-都篠崎)-都新宿の勝者 7月13日
  西東京 日大鶴ケ丘 2回戦 都小平西 7月13日
  神奈川 横浜 2回戦 麻生総合-上矢部の勝者 7月14日
  山梨 山梨学院大付 1回戦 5-1日川 7月8日
  静岡 常葉学園菊川 2回戦 浜松南-相良の勝者 7月15日
  愛知 愛工大名電 3回戦 豊田大谷-中部大一の勝者 7月21日
  岐阜 市岐阜商 1回戦 羽島 7月14日
  三重 いなべ総合学園 1回戦 松阪工 7月15日
  新潟 日本文理 2回戦 豊栄-阿賀野の勝者 7月14日
  長野 佐久長聖 2回戦 長野商 7月10日
  富山 砺波工 2回戦 中央農 7月16日
  石川 星稜  2回戦 金沢市工 7月16日
  滋賀 比叡山 2回戦 八幡 7月17日
  京都 龍谷大平安 1回戦 7-0莬道 7月8日
  大阪 大阪桐蔭 1回戦 千里 7月14日
  奈良 智弁学園 2回戦 桜井-高田の勝者 7月21日
  和歌山 智弁和歌山 1回戦 田辺 7月16日
  兵庫 報徳学園 2回戦 八鹿 7月12日
  岡山 倉敷商 2回戦 岡山大安寺-高梁の勝者 7月18日
  広島 広島新庄 2回戦 忠海-広島観音の勝者 7月17日
  島根 浜田 1回戦 松江高専 7月17日
  山口 下関中央工 1回戦 山口 7月14日
  香川 小豆島 1回戦 石田 7月13日
  徳島 鳴門 2回戦 小松島西-脇町の勝者 7月21日
  愛媛 宇和島東 2回戦 帝京五-丹原の勝者 7月17日
  高知 明徳義塾 1回戦 宿毛 7月14日
  福岡 東福岡 2回戦 香住丘-須恵の勝者 7月12日
  佐賀 龍谷 1回戦 唐津東 7月12日
  長崎 創成館 2回戦 鹿町工 7月12日
  大分 楊志館 2回戦 佐伯豊南-森の勝者 7月17日
  熊本 九州学院 1回戦 八代南・清流 7月9日
  宮崎 延岡学園 2回戦 宮崎海洋 7月11日
  鹿児島 神村学園 2回戦 樟南二 7月10日
  沖縄 沖縄尚学 2回戦 9-0北部農林 3回戦 1-0豊見城
  
  母校 鹿島学園 1回戦 鉾田一 7月11日


スポンサーサイト
2010-07-21-Wed-15:46

鹿島学園、桜ノ牧に敗れ3回戦敗退!9回猛追見事!

こんにちは!先程球場から帰ってきました。では、今日の観戦リポートを忘れないうちに早速書きます。

 鹿島学園  000 000 101 2
 水戸桜ノ牧 000 020 310 6
(鹿)田代-坂本
(桜)上遠野、吉久保-磯部

本日のスタメン
7 坂本  巧① 15 麻川 大輔② 8 石井 広隆③ 5 辻本 征爾① 2 坂本 弦太② 1 田代 剣祐③ 6 金子 大樹② 4 平田 研介③ 3 内村 竜馬③

スタメンは1回戦と同じで学園の先発がエース左腕の田代君、桜ノ牧は背番号10の上遠野君でした!
試合は序盤はロースコアの接戦でどちらかとうと学園にチャンスが多く、5回まで毎回得点圏まで塁を進めていましたが、あと一本が出ず。すると、5回に桜ノ牧が逆にチャンスに連打が生まれ一挙2点を先制されてしまいます。
しかし、学園もその時点でヒット数では上回っており負けてはいません!7回に1番坂本巧君、2番麻川君の連打でチャンスをつかむと、そこで桜ノ牧は背番号1の吉久保君に継投。その吉久保君から3番石井君がヒットを放ち、ついに1点を返します!
これで勝負は分からなくないましたが、その直後の7回裏にまたしても桜ノ牧は満塁のチャンスに連打が生まれ今度は3点を奪われ、差を4点差にまで広げられてしまいます。
さらに8回裏にももう1点追加で1-6。絶体絶命の9回表でしたが、死球と四球の二つで2死満塁のチャンス!そして、1年生4番の辻本君も四球を選び、押し出しで1点を返します!
これで勢いづいた学園でしたが、続く5番の2年生捕手坂本弦太君が惜しくも空振り三振でゲームセット。
学園ナインの夏が終わりました。

しかし、第2シードを最後まで追い詰める戦いぶりは見事でした!3年生の皆さん、3年間お疲れ様でした!感動をありがとう!
今年もまた夢はかないませんでしたが、その夢は後輩たちに受け継がれていくことでしょう!また、新たな舞台で頑張って下さい!

そして、夢敗れた3年生の夢を引き継ぐ1、2年生の皆さん。今日の日の悔しさを忘れず、また新チームで先輩達の悔しさを晴らせるように頑張って下さい!
2010-07-18-Sun-19:57

第92回全国高校野球選手権沖縄大会 選抜Ⅴ興南が圧倒的打力で甲子園一番乗り!

続いては、本日行われた夏の沖縄大会の結果です!

 糸満 000 001 000 1
 興南 001 000 80× 9
(糸)宮國
(興)島袋
(本塁打)島袋(糸)、我如古(興)

甲子園一番切符を巡った対決は終盤に大きなドラマが!選抜優勝投手の興南高校島袋君とこちらもプロ注目の糸満高校エース宮國君の両先発で始まった試合はまず3回に興南が先制!しかし、春夏通じて初の甲子園を目指す糸満高校も負けてはおらず糸満の島袋君がホームランで同点打を叩きだします!
しかし、このまま両エースの投手戦が続くかと思われた7回に大きなドラマが待っていました!選抜でも強力打線をみせつけた興南の強打がここで爆発!選抜でも最多安打タイを放った好打者我如古君の「満塁ホームラン」などで一挙8点を奪い、勝負を一気に決めました!
結局、糸満はその8点のあまりの重さになすすべなく、投げてはエース島袋君が10奪三振の好投で興南高校を昨春から数えて4季連続の甲子園に導きました!
夏は2年連続9回目の甲子園を決めた興南高校の皆さん、おめでとうございます!
2010-07-06-Tue-20:35

今夏の激戦区はここだ!本命不在神奈川編

続いては、かつては「神奈川制するものは全国を制する」とまで言われた最激戦区神奈川です!最近は甲子園で1回戦で姿を消すことも多く、今夏こそ強豪神奈川復活を目指します!

昨年は千葉と同じく全くの無風で中堅私立の横浜隼人が春夏通じて初出場!今夏もその流れが続くのか、それとも名門校の巻き返しか?名門対新鋭の戦いが今夏も激しさを極めそうです!

今年は特に本命不在とまで呼ばれるほど各高に大きな実力差がないのですが、その中であえて優勝にもっとも近い高校を選ぶとするなら、昨年の隼人同様悲願の夏甲子園を目指す新鋭私立の横浜創学館でしょう!春は決勝で桐光学園に敗れこそしたものの、続く関東大会では初の春4強!甲子園を狙える戦力が整い、夏もこの勢いを持続させられるか?

また、安定感でいうならば秋準Ⅴ、春8強の桐蔭学園が怖い。エース石垣君を中心に豊富な投手陣で昨夏決勝で敗れた雪辱を果たせるか?もちろん、春はその桐蔭、創学館を破って堂々優勝した桐光学園も春夏連続優勝ができる森君、久保田君の二枚看板が核の充実戦力を持ちます!

さらに、夏の呪縛から一昨年解かれた慶応は2年生の強打者谷田君がいる強力打線、逆に夏の呪縛がいまだ解けないドラ1候補一二三君がいる東海大相模は今年こそ壁突破なるか?

その他、春4強で第1シードの横浜商大高、春は一二三不在とはいえ東海大相模に土をつけた新鋭私立の橘学苑、公立の星川崎北、同じく好投手中野ジャスティン君率いる向上、中堅私立の日大高、光明相模原らも頂点を狙っています!

最後にやはり気になるのが、今年はノーシードからの挑戦となった名門横浜高校と昨夏代表の横浜隼人。横浜は、ここ最近歯車が噛み合っておらずなかなか上位にも顔を出せなくなったが、有望1年生なども多く入り夏に強いだけに今夏もやはり他校がもっとも警戒する存在になることは間違いありません!
また、横浜隼人も新チームは目立った成績は残せていないものの、夏の甲子園のマウンドを経験した今岡君を中心に連覇を狙える実力は十分にあります!

果たして、最激戦区神奈川の夏を制するのはどこか?
2010-07-06-Tue-19:56

今夏の激戦区はここだ!戦国千葉編

こんばんは!茨城の高校野球と母校の試合観戦記だけではこのブログが持ちそうにないので、今日から夏の高校野球激戦区特集をやりたいと思います!
初回は毎年どこが甲子園に出るか予測不能の激戦区でお隣の千葉県です!
昨年もノーシードから無名公立の八千代東が出場したように、今年もどこが飛び出してもおかしくない混戦模様!

その中でも今年もっとも優勝に近いと言われているのが、夏全国制覇2回を経験する名門習志野高校!プロ注目の強肩捕手山下君を中心に春優勝、関東大会でも選抜準Ⅴの日大三を破っての準優勝と現在のところ優勝にもっとも近い戦力を持っています!

しかし、本命が夏も制することが少ない戦国千葉ですからその他にもすきあらば優勝を狙えるチームが数多く存在することが面白いところ!

春準Ⅴの夏全国制覇1回の名門銚子商はエース加瀬君を中心に5年ぶり頂点を狙える戦力が整い、同べスト4の浦安は春はエース会沢君が粘り強い投球で同地区の強豪東海大浦安、一昨年夏の覇者木更津総合など強豪を破ったこの夏一番のダークホース候補、同じく4強に入った千葉黎明は強力打線が売り!
秋優勝の千葉商大付は、昨年優勝の立役者平部君が安定しており、秋準Ⅴで選抜出場の東海大望洋は春は思わぬ大敗を喫し夏はノーシードからの挑戦もこのままでは終わらないはずで、その望洋にコールド勝ちした専大松戸は前常総学院監督の持丸執一氏が率いてチーム力が近年急上昇中!
さらに2年生主体の木更津総合、最近は隔年定期で甲子園に出ている新鋭千葉経大付、前PL学園の松田監督が就任して以降徐々に力をつけてきている流通経大柏と3年前は全くの無風で復活出場を遂げた市船橋のサッカー強豪コンビも波に乗れば面白い存在となりそうです!

また、夏に強い拓大紅陵、沼南、昨春覇者の千葉明徳、番狂わせを起こす力がある中堅私立の千葉敬愛、西武台千葉、敬愛学園のトリオ、虎視眈々と激戦区千葉の夏連覇を狙う八千代東、名門復活を目指す成田、市柏、柏陵などもすきあらば頂点を狙える力を秘めています!

毎年波乱の夏となることが多い戦国千葉の琴師の主役に躍り出るのはどこか?勿論上記に挙げた高校以外にも有力校は多く、第二の八千代東が現われる可能性も十分有り得ます!
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。